Macが遅い時や重い時、調子が悪い時に試す4つの方法【無料でできる】

PC、モバイル

Apple Silicon搭載のMacが出てきて、世間はそのCPUの処理性能の進化に驚かされていますが、

まだ昔のMacでなんとか頑張っている方も大勢いらっしゃると思います(私もその一人です)。

この記事ではMacが遅くなっている時や、処理が重い時などに無料で改善する方法を紹介しています。

次の4つを試してみて下さい。

  1. 動画編集ソフト、ブラウザのタブなどをできるだけ閉じる
  2. 定番ツールのOnyxでメンテナンスする
  3. SMCリセット
  4. NVRAM(PRAM)リセット

プログラム(動画編集ソフトなど)、ブラウザのタブを閉じる

たくさんのプログラムを同時に立ち上げていたり、ブラウザのタブを多数開けていないでしょうか?

まずは基本ですがPCの負担を減らすために、使っていないプログラム(特に動画編集ソフトなどは多くのメモリを消費します。)やブラウザのタブをなるべく閉じましょう。

これによってメモリの消費量を減らすことができます。

定番ツールのOnyxでメンテナンス

OnyxはMacが重くなったり、調子が悪かったりしたときの定番のメンテナンスツールです。

無料のソフトですので、まずはインストールしてみて試して下さい。

SMCリセット

SMCリセットは、Macの電源やバッテリー、ファンなどを管理しているシステムです。Macが不調なときにはSMCリセットをすると症状が良くなる場合があります。

NVRAM(PRAM)リセット

NVRAM(PRAM)リセットはkernel taskの症状とは関連性は低いですが、Macのトラブルシューティングで定番の方法ですので試す価値はあるかと思います。

Macのホコリ掃除

kernel taskというプログラムが暴走して処理が遅くなっている場合は、CPUの冷却性能が落ちている場合があります。

上記の4つ試してみても症状が良くならない場合は、Macのホコリ掃除をすると冷却性能が上がりCPUの処理性能が上がる場合があります。

専用のドライバーや、ホコリを吹き出すためのエアダスターなどを購入しないといけませんが、1000円以内で購入できます。

思ったよりも簡単ですので、興味がある方はぜひ試してみて下さい。

【kernel taskの暴走】Macbook proのファンのほこりを掃除したら直るかも
Macのkernel taskが暴走して、本体が壊れそうなぐらい熱くなって困っている方はこの記事の方法を試してみて下さい。もしかすると簡単な方法で直るかもしれません。結論から言いますと、kernel taskの暴走が治らな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました