Bitlockerのかかったデータを解除,救出する方法【完全無料の方法を紹介】

PC、モバイル

普段はMacをメインで使っていますが、セカンドマシーンとして使っているWindowsマシン(DELL inspiron 15)がBitlocker(ビットロッカー)が原因で、回復キーを入力しても起動できなくなりました。試行錯誤の上で、ハードディスクからデータを復元、救出した方法をみなさんにシェアしたいと思います。

Bitlocker(ビットロッカー)とは

Windows10に標準搭載されており、ディスク全体を暗号化できるシステムです。

たとえパソコンが紛失や盗難などによって、ハードディスクを取り出しされたとしても、ドライブ全体が暗号化されているために、データを抜き出されることがなくなります。

ただ、Bitlockerのデメリットは、これを解除する48桁の回復キー(パスコード)がないと、どんな人であっても見ることができないということです。

総当りで解除しようとすると、スーパーコンピューターでも何年もかかるとか。。。

今回の症状

前日までは問題なく使えていたのですが、突然下の写真のようなブルースクリーンになってしまいBitlockerの回復キーを入力するように求められました。

Googleで検索してみると、このようなことは時々起こるみたいですね。

幸いなことに回復キーは保管してありましたので、48桁の数字を入力しましたが、

何度入力してもこのようなエラーが出てしまい、ループして先に進むことができませんでした。

PCから起動するのはあきらめて、分解してハードディスクを取り出すことにしました。

Inspiron 15の分解と、ハードディスクの取り出し

まず、裏側のネジを外します。

内部はこのような感じです。右上にハードディスクがありますね。

ハードディスクを固定してあるネジを外して、取り出します。

ハードディスクをパソコンから操作するためには、この

SATA-IDE変換アダプター

が必要になります。これがないとハードディスクにアクセスできないのでデータが救出できません。

SATA-IDE変換アダプターは種類がたくさんありますが、基本はハードディスクとパソコンが繋げればどれでもOKです。ただ、電源がUSB供給だけの場合(USBだけでつなぐタイプ)は電力不足のためにハードディスクが動かない可能性があるので、電源が別系統でコンセントから供給されるものがいいと思います。

完全無料で解除する方法(ubuntuを使います)

私のメインマシンのMacにはBoot campでubuntu(Linux)をインストールしており、これを活用しました。

このubuntuでの救出は完全無料です。

  1. まず、「disklocker」をインストールします。

sudo apt install dislocker

2. 次に暗号解除用のフォルダーと、Bitlockerで暗号化されたWindowsのパーティションをマウントするための2つのフォルダーを作っておく。

sudo mkdir /media/bitlocker

sudo mkdir /media/mount

3. Bitlockerで暗号化されているパーティションの名前を調べておく。

sudo fdisk -l

わたしの場合は 「/dev/sdb3」がbitlockerで暗号化されたパーティションです。

4. 暗号を解除します。

sudo dislocker -r -V /dev/sdb3 -p — media/bitlocker

すると、パスワードを要求されますので48桁のパスワードを入力して下さい。そしてubuntuにマウントします。

sudo mount -r -o loop /media/bitlocker/dislocker-file /media/mount

を実行すると、、、

おおっ!いい感じです。どうやら暗号は解除されたようです。

ハードディスクがマウントされました。
中を見てみると、ちゃんと認識されています。

あとは、必要なファイルを避難させるだけですね。

何とか大事なデータを救出することができました。

まとめ

  • Bitlockerは48桁のパスワードがないと解除はほぼ不可能
  • SATA-USB変換アダプターは必須アイテム
  • ubuntuのdislockerを使う方法は完全無料でBitlockerを解除可能

今回は完全無料の方法を紹介しましたが、ubuntuを使わないといけなかったりして少しハードルが高いと感じる人もいるかも知れません。

もし「データ救出のためなら少しぐらいならお金を出してもいい」という方は、Easeusという市販のソフトを使ってBitlockerを解除する方法もありますので、こちらをご覧ください。

以上、みなさんのご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました