10X リン酸緩衝生理食塩水 (PBS)の作り方、生理食塩水との違い【実験プロトコール】

実験プロトコル

10X リン酸緩衝液 PBS(-)の作り方

  1. MilliQ水を1L
  2. Na2HPO4 (dibasic anhydrous)を14.4 g または、Na2HPO4 · 2H2O (dibasic dihydrate) を18.1 gまたは、Na2HPO4 · 7H2O (dibasic heptahydrate)を27.2 g
  3. NaClを80g
  4. KClを2g
  5. KH2PO4 (monobasic anhydrous)を2.4 g

1から5をスターラーで混ぜます。

オートクレーブまたは0.22umのフィルターで濾過して、pH7.4に合わせてください。

1XのPBSにすれば137 mM NaCl, 12 mM Phosphate, 2.7 mM KCl, pH 7.4となります。

カルシウムとマグネシウムを含まないPBSをPBS(-)と書きます。

10X PBS

10X リン酸緩衝液 PBS(+)の作り方

PBS(+)を作る場合は、

CaCl2・H2Oを1.33g

MgCl2・6H2O を1g追加します。

PBS(+)は0.22umのフィルターによる滅菌にして下さい。

生理食塩水とPBSの違い

生理食塩水とPBSの違いは何でしょうか?

答えは、成分の違いにより、緩衝作用があるかどうかという点です。

生理食塩水の成分はNaCl、つまりただの塩水です。

1Lあたり9g、つまり0.9%のNaClが入っています。

PBSの成分はKH2PO4(リン酸二水素カリウム)で、その名のPhosphate Buffered SalineのBの部分が一番重要で、緩衝作用があるということです。

このサイトでは他にも色々な実験プロトコールや試薬の作り方についてまとめています。

実験プロトコル
「実験プロトコル」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました