スマホ(iPhone, Android), タブレットのトラブル対処法とデータ復旧する方法【水没,落下,電源が入らない】

PC、モバイル

携帯、スマートフォンがないと生活が成り立たないぐらい依存していると言っても過言ではありません。

しかし、携帯やスマートフォンは機械ですのでいつかは壊れてしまいます。

落としたり、水没させたりして故障することもありますが、

「昨日までは大丈夫だったのに。。。」、「数分前までは問題なく動いていたのに。。。」

と、予期せぬ故障をすることもあります。

携帯の中には、連絡先、SMS、LINEメッセージ、動画、写真など大事なデータを入れているので何としても取り出したいはずです。

この記事では携帯やスマホのトラブル別の対処方法と、データの復旧方法についてまとめています。

トラブル別の対処方法

水没させた時

最近の携帯は耐水性のものが増えてきましたが、それでも浸水によるトラブルは起こりえます。

機械は水分が大敵です。

ポイントは、これ以上基盤と水を接触させず、スマホの中に入ってしまった水分を自然蒸発で抜くことです。

まず、周りの水分をよく拭き取ります。

次にSIMカードやSDカードなどは抜いてスロットは開けておきます(通気をよくするため)。

乾燥剤があればジップロックに入れて1日以上乾燥させます。長ければ長いほど携帯を乾燥させることができるのでよいです。

生米の中に入れるとよいという説もありますが、生米が水分を吸い取って乾燥させる働きがあるからです。

乾燥剤がない場合は生米でも良いと思います。

電源を入れたくなる気持ちは分かりますが、早く電源を入れすぎると基盤がショートしてしまうので注意しましょう。

置いておく場所は、なるべく温かい場所のほうが蒸発が早いですが、直射日光のところは熱くなりすぎるので避けたほうがいいです。

よくある間違いで下記のものがありますので注意して下さい。水没させたときには

すぐに電源を入れたり、充電したりしない(水分がある状態で電気を通すとショートします)

携帯を振らない(中に入った水分をなるべく動かさない)

ドライヤーで乾かさない(熱すぎるので、機械に良くないです)

落下させた時

落下させた後に電源が入っているか、損傷の具合(本体、画面、カメラなど)をチェックしましょう。

もし画面などが壊れているだけで、電源が入る場合には今すぐバックアップを取って下さい。

電源が入らない時

水没、落下など原因以外で、今まで普通どおり使えていたのに、突然電源が入らず使えなくなってしまった場合は、

まずバッテリーが生きていて、充電されているか確認しましょう。

Macを使っている人向けには、coconutBatteryというフリーソフトがあります。

バッテリーの健康状態と充電状態を見ることができます。

バッテリーに電気があるにも関わらず、電源が入らない場合は故障している可能性があります。

スマホのデータを復旧する方法

故障しているスマホからデータを復旧する方法を、重症度別に紹介します。

バックアップから復旧する

定期的にバックアップを取っていた方はまず安心です。バックアップデータさえあれば、最悪でも新しい携帯を買ってくれば、データの復旧はまず問題ないでしょう。

iOSの場合

携帯をPCに接続してiTunesを起動します。「携帯マーク」のボタンを押します。

「バックアップを復元」を押すと復旧することができます。

Androidの場合

Androidの場合は下記を参考にして下さい。

Android デバイスのデータをバックアップ、復元する - Android ヘルプ

市販のソフトウェアから復旧する

EaseUSという市販のソフトを使います。このソフトの利点としては無料の体験版がありますので、まずお試しできるということです。

  1. 下記のソフトをPCにダウンロードします。
  2. PCとパソコンを繋ぎます。
  3. データを取り出せそうか試してみて下さい。

体験版では消失・削除したメッセージ、連絡先、写真、ビデオなどのファイルのうち、1個のファイルだけ復元可能です。

もし取り出せそうであれば、それから製品版(Pro版)を購入すればよいです。

iOS版

EaseUS MobiSaver for iOS 無料体験版(PCがWindowsの場合)

EaseUS MobiSaver for iOS 無料体験版(PCがMacの場合)

Android版

EaseUS MobiSaver for Android 無料体験版(PCがWindowsの場合)

業者に依頼する

上記2つの方法で復旧できない場合は最も重症です。

これは最終手段になりますが、バックアップからの復元や、市販のソフトでも復旧ができない場合には業者にお願いするしかありません。

iPhoneデータ復旧・基板修理サービス【FIREBIRD】

この会社では成果報酬制を取っています。

調査費が4980円かかってしまいますが、実際に携帯本体を見てもらって、修理ができなかった場合にはそれ以上お金はかかりません。

基盤がショートしていたり、壊れている携帯からもデータを取り出す実績があります。

まとめ

携帯のトラブルの対処法とデータの復旧方法についてまとめました。

ここに書いてある方法で、何とかデータが取り出せることができると嬉しいです。

次の記事では、Apple Careよりもお得な携帯保険について書いています。

【AppleCare+よりお得】各種スマホ保険の比較とおすすめのモバイル保険(AndroidもOK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました