Given that 〜

英語学習

“Given that〜”はライティング英語でよく使われますので、覚えておくと便利な表現です。

意味は「〜を考えれば、〜を考慮に入れると」です。

これは分詞構文の(Being) given (the fact) that〜を省略した形になっています。

英語論文でもよく使われます。

This effect might be expected given that the removal of the gene leads to the inflammation.

「その遺伝子を除去すると炎症が起きることを考慮すれば、この効果は予測できるかもしれない。」

となります。

また、Given + 名詞という形でも使えます。

“Given his age 〜”で「彼の年齢を考慮すると」

同義語としては

“taking something into account (the fact) that 〜”

“Considering 〜”

などがあります。

このサイトでは、時事英語や日常会話の英語について発信しています。TOEIC, TOEFL, 受験勉強, ライティング英語の勉強などに役立てて下さい。

注釈・単語訳付きで辞書いらず。旬の話題と生きた表現が同時に学べる、一石二鳥の英字新聞「The Japan Times Alpha」

コメント

タイトルとURLをコピーしました