Unlessの意味と使い方 if notとの違いについて

英語学習

今日は接続詞の”Unless”の使い方です。

Unless + SVで「SVしない限り(ずっと)」となります。

“Unless the situation changes, I will go there” 「状況が変わらない限りは、私はそこに行きます。」

I will go there では未来を表すwillがありますが、Unlessの節内ではwillを使いません。

参考書などでは”Unless”= “If not”と書いてあるものも多いですが、必ずしもそうでない時があります。

Unlessは「しない限り(ずっと)続く」というニュアンスがありますので、

○ I will be surprised if she doesn’t go for a drink. 「彼女が飲みに行かなかったら、私は驚くだろう」

☓ I will be surprised unless she goes for a drink.「彼女が飲みに行かない限り(ずっと)私は驚いているだろう」というように変な意味になります。

また、”Unless”については英語の説明書などには下のような表現もありますので、この機会に一緒に覚えてしまいましょう。

unless otherwise instructed 特に指示がない限りは

unless otherwise specified 特に指定(断り)がない限りは

このサイトでは、時事英語や日常会話の英語について発信しています。TOEIC, TOEFL, 受験勉強, ライティング英語の勉強などに役立てて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました