Bitlockerのかかったデータを復元して救出する方法【EaseUSを使った方法】

PC、モバイル

この記事について

この記事では、Bitlockerで暗号化されてしまっているハードディスクから、EaseUSというソフトを使ってデータを復元して救出する方法と手順について書いています。

この方法では有料のソフトを使いますが、復元できるかどうか試すまでは無料で試すことができます。

EaseUSとは

今回使ったソフトは、EaseUS Data Recovery Wizardです。

「EaseUS」は「イーザス」と読みます。

日本ではあまり馴染みのないソフトですが、世界160カ国で使われている定評のあるハードディスク復旧ソフトです。

手順

EaseUSでの復旧手順はかなりシンプルです。

  1. EaseUSをインストールします。
  2. ハードディスクとパソコンをつなぎます。
  3. Bitlockerのパスワードを要求されるので、入力します。
  4. ファイルを安全な場所に移動します。

EaseUSのインストール

EaseUSダウンロードして、インストールします。

EaseUSはお試し版で無料でインストールすることができます。

ハードディスクとパソコンを接続する

ハードディスクをパソコンと接続すると次のような画面が表示されると思います。

小さくて見えにくいですが、赤い矢印のところに「鍵マーク」があり、ディスクが暗号化してることを示しています。

ここにカーソルを持っていくと「スキャン」が現れますので、このボタンを押すとBitlockerのパスワードを求められます。

Bitlockerのパスワードを入力して下さい。

すると、復号化されファイルが表示されます。

あとは、ファイルを安全な場所に移動させて終了です。

一応、本家のホームページでも同様の解説があります。リンクはこちらです。

まとめ

EaseUSはさすがに有料のソフトだけあって、初心者にも非常に分かりやすいユーザーインターフェースになっています。少ないステップで操作ができます。

EaseUSはBitlockerにも対応していますが、残念ながらBitlockerのパスワードが分からない場合は復号はできません。

何よりも消費者に優しい点が、まず無料でダウンロードして復旧できそうかどうか、試してみることができます。

復旧できそうならその時点で購入すればよく、復旧できないということであればアンインストールすればお金は全くかかりません

コメント

タイトルとURLをコピーしました