【2021年】Science姉妹誌のまとめ【インパクトファクター、EigenfactorScore】

スポンサーリンク
研究

2021年6月30日に2020年版のインパクトファクターが発表されました。

この記事ではScience姉妹誌のインパクトファクターとEigenfactor scoreをまとめています。

各雑誌へ飛べるようにリンクもつけています。

今年のインパクトファクターは、どの雑誌も軒並み上昇傾向です。

インパクトファクターの計算方法が少し変わったことも影響していると思います。

どうやら「Early Access」の論文が引用された場合も計算に入れるようになったみたいです。

Impact Factor, Eigenfactor Scoreについてはこちらの記事を参考にして下さい。

研究者の業績評価指標のまとめ【impact factor, H-index, SCImago Journal Rank, オルトメトリクスなど】

NatureとCellの2020年版のインパクトファクターについては下記にまとめています。

Nature姉妹誌のインパクトファクターはこちらです。

Cell姉妹誌のインパクトファクターはこちらです。

スポンサーリンク

Scienceの主要姉妹誌

主要姉妹誌は下記のようになりました。

Impact Factor 2020Eigenfactor Score
Science47.7280.895760
Science Robotics23.7480.011770
Science Translational Medicine17.9560.103780
Science Immunology17.7270.022200
Science Advances14.1360.218640
Science Signaling8.1920.023910

Science Partner Journal

Science Partner Journalとしていくつかの姉妹誌がありますが、これらはまだ歴史が浅く点数がついていません。

2019年版のScience姉妹誌のインパクトファクターはこちらにまとめています。

Science姉妹誌のまとめ【2020年インパクトファクターとH-index】

コメント

タイトルとURLをコピーしました