大腸菌の液体培地の組成と作り方と、選択用抗生物質の濃度【実験プロトコール】

スポンサーリンク
実験プロトコル

この記事では大腸菌の液体培地の組成の違いと作り方、

そして時々忘れてしまう、大腸菌選択用の抗生物質濃度の目安を書いています。

最近は調整済の既製品があるので、自分で最初から作ることは少なくなっているかもしれませんが、何かのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

大腸菌の液体培地

LB培地

一般的な大腸菌の液体培養に使われます。

トリプトン10 g
Yeast extract
(酵母抽出エキス)
5 g
NaCl10 g
蒸留水1 L

混ぜた後にオートクレーブします。

2x YT培地

バクテリオファージやM13ファージの培養、保存に適した培地と言われています。

トリプトン16 g
Yeast extract
(酵母抽出エキス)
10 g
NaCl5 g
蒸留水1 L

混ぜた後にオートクレーブします。

Terrific Broth(TB)培地

LB培地よりも栄養価が高く、大腸菌の密度が高くなると言われています。

トリプトン12 g
Yeast extract
(酵母抽出エキス)
24 g
グリセロール8 ml
K2HPO49.4 g
KH2PO42.2 g
蒸留水1 L

混ぜた後にオートクレーブします。

SOC培地

形質転換後の回復用の培地として使われます。

トリプトン20 g
Yeast extract
(酵母抽出エキス)
5 g
NaCl0.5 g
蒸留水1 L

混ぜた後にオートクレーブします。十分に温度が下がってから次の試薬を入れます。

1M グルコース溶液(滅菌済)20 ml
1M MgCl2溶液(滅菌済)10 ml
1M MgSO4溶液(滅菌済)10 ml

SOB培地はSOCからグルコースを抜いたものです。

大腸菌用の特殊な試薬

これらも調整済みの既製品を使うことが多いと思いますが、念のため組成と作り方を書いておきます。

IPTG

大腸菌のラクトースオペロンを使って発現誘導するときに使います。

1Mのストックの作り方です。

Isopropyl β-D-1-thiogalactopyranoside (IPTG)2.38 g
蒸留水10 ml

滅菌フィルターを通して分注し、-20℃で保存します。

X-gal

大腸菌の青白セレクションの時に使います。

5-bromo-4-chloro-3-indolyl-β-D-galactoside100 mg
ジメチルホルムアミド5 ml

滅菌はいりませんが、遮光する必要があります。

大腸菌の選択用の抗生物質の濃度の目安

抗生物質濃度のだいたいの目安です。

抗生物質の種類略称溶媒ストックの濃度 (mg/ml)使用濃度 (μg/ml)
アンピシリン(Ampicillin)ABPC, Amp蒸留水100100
カナマイシンKam, KM蒸留水5020 – 50
ネオマイシンNeo, NM蒸留水5010
ゼオシン(Zeocin)Zeo蒸留水10025
ストレプトマイシン(Streptomycin)SM蒸留水2020
スペクチノマイシン(Spectinomycin)SPCM蒸留水100100
ハイグロマイシB (Hygromycin B)Hy蒸留水100100
テトラサイクリンTCエタノール2020
クロラムフェニコールCPエタノール10030-100
エリスロマイシン (Erythromycin)EMエタノール11
リファンピシン (Rifampicin)RFPエタノール11

耐性をもつ抗生物質は常に入れ続けていないと、コンタミが増えたり、目的のプラスミドが不安定になる(プラスミドが大腸菌から抜けてしまう)可能性があります。

常に入れ続ける方が安全です。

それと、抗生剤の活性が下がりますので、培地の温度が下がってから入れるようにしましょう(人肌ぐらいの温度と言われています)。

大腸菌実験プロトコールのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました