Apple IDの国変更、切り替えの方法【海外のアプリの使用法】

PC、モバイル

この記事では

海外のApp Storeでアプリがダウンロードできない

海外でダウンロードしたアプリをそのまま使いたいんだけど、アップデートできない

ということでお困りの方に対して、解決法を紹介しています。

海外のアプリがダウンロード、アップデートできない理由

iPhoneやiPadで、「このappは現在お住まいの国または地域ではご利用になれません」と下の写真のようにエラーが出て、アプリをアップデートできないことがあります。

このようなエラーが出ます。

原因はApple IDにあります。Appe IDは国ごとにひも付けされていますので、日本のApple IDでは海外のApp Storeにあるアプリはダウンロードすることができません。

しかし、海外のApp Storeには日本のApp Storeには置いていない「ご当地アプリ」がいくつかあります。海外旅行や海外赴任の際には現地のアプリがどうしても必要になったりもします。

このような海外専用のアプリは日本で取得したApple IDのままではダウンロードすることができません。

また、一度海外のアプリをダウンロードした携帯を日本でそのままつかう場合にも、日本のApple IDでログインしている状態だとアップデートすることができません

そのようなアプリをダウンロード、アップデートするためにはApple IDの切り替え操作がが必要になりますが、今回はその方法を写真で順を追って説明します。

海外のApple IDを取得する

まず、現地のApple IDをゲットしなくてはいけません。

Apple IDはメールアドレスとリンクされていますので、日本のApple IDで登録したものとは別のメールアドレスが必要です。

日本のApple IDと現地のApple IDの2つを持っている状態にして下さい。

Apple IDを切り替える方法

  1. 次に、歯車のアイコンの「設定」に行って下さい。
「設定」から一番上のボタンを選択します。

2. 「iTuresとApp Store」を選択してください。

青くなっている「Apple ID」を選択します。

3. 青で表示されている「Apple ID」を選択してください。

一旦、現在使っているApple IDを「サインアウト」をします。

そしてもう一回、先ほど取得した海外のApple IDで「サインイン」をします。

これでApple IDの変更は完了していますので、App Storeに行き目的のアプリをダウンロードまたはアップデートして下さい。

ダウンロード、アップデートが終わったら、また同じ方法で今度は日本のApple IDに戻してください。

Apple IDを変えることによって、これまでのiPhone, iPad上にあるアプリやデータなどは削除されるかどうか心配の方がいらっしゃるかもしれませんが、これまでのデータは削除されませんのでどうぞ安心してください。

月額700円で3台まで保証!スマホを守る唯一の保険【モバイル保険】

コメント

タイトルとURLをコピーしました